おいしいドリップコーヒーのいれかた

昨今ではドリップコーヒーなど、自宅で手軽に淹れられるコーヒーに注目が集まっています。
全自動のコーヒーメーカーを使用する人も多いですが、料金が高い、メンテナンスが面倒という人は、単純にフィルターとドリッパーだけで作ることができるドリップコーヒーに人気があるようです。


ドリップとは布や紙のフィルターの上に挽いたコーヒー豆を入れ、上から熱湯を注いで抽出する方式のことを指します。



全自動で行えるコーヒーメーカーでも同じような方式のものもあるため、ドリップコーヒーと言うとドリッパーで入れるものだけではありません。しかし、コーヒーメーカーでは変動性の高いコーヒーのいれかたを機械で行っているため、味に違いはないのですがおいしいかどうかは別問題と言えます。

ドリッパーを使用した抽出方法は、コーヒー豆の量からお湯の熱さ、注ぎ方によって香りやコクに違いが出てくるので、本当においしいものを飲みたい場合は手動でやるのが良いと言われています。
簡単にコーヒーの注ぎ方を説明すると、フィルターの上に定量のコーヒー豆を入れ、80〜90度のお湯を細く置くような気持ちで注いでいきます。

間違っても一気に抽出しようとはせず、豆を蒸らす感じで少しずつ抽出していくのが重要です。

ドリップコーヒーをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

豆が浮き上がるほど大量に注ぐと、苦味が出て雑味が多い味になります。
豆がお湯を吸収して蒸れてきたら、円を描くように少しずつお湯を入れていきます。
縁に注ぐと豆からの抽出ができないので、必ず豆の上にお湯を置くようにしましょう。

適度な量を抽出できたら完了なので、ドリッパーを外して香りを楽しんでから飲むようにしましょう。

livedoorニュースについて詳しく知りたいならこちらです。